画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9

          
     
レシピ
味噌汁(水だし法)  
    1、鍋に冷水とだしの材料
  (煮干、やきぼし、鰹削り、さば削り
   出し昆布等)をいれ一晩つけおき。

2、漉してだしの出来上がり。

3、味噌汁の具をいれ、
  味噌を加えれば味噌汁の出来上がり。
 
     
使用した商品 
       
 
 



冷やし中華のタレ(水だし法)    
  1、鍋に冷水とだしの材料
  (煮干、やきぼし、鰹削り、さば削り
   出し昆布等)をいれ一晩つけおき。

2、漉しただしにかえしを加え出来上がり。
  (かえしはお好みで!)

※ 和風ベースのときは上削りを使うと
   より鰹の風味がでます。
     
使用した商品 
       
 
 



そうめんの麺つゆ(煮だし法)    
  1、鍋に冷水とだしの材料
  (やきぼし、上削り等)を
  いれ30分つけおき。

2、出し昆布を加え火にかける。

3、沸騰直前に出し昆布を取り出し、
  火を止め、漉しだしの出来上がり

4、かえしを加え、麺つゆの出来上がり。

※ 厚けづりで煮だししてもよいですが
   火を止めてから追い鰹すると風味が
   良いです。
     
使用した商品 
       
                 
           
 
 



ラーメン&つけ麺(水だし法&煮だし法)    


  1、鍋に冷水とだしの材料
  (煮干、やきぼし、さば削り、
   出し昆布等)をいれ一晩つけおき。

2、出し昆布、香味野菜、鶏がら等を
  加え火にかける。

3、沸騰直前に出し昆布を取り出し、
  さらに煮だします。
  (圧力鍋の場合20分程度火にかける)

4、できただしを漉しスープの出来上がり。

5、お好みのかえしを加えればラーメン
  スープ&つけ麺スープの出来上がり。

※ 魚介風味がお好みの場合、さばけづり
   を加えると、インパクトのあるラーメン
   スープになります。
   魚介のにおいが苦手な場合はしょうが、
   ねぎ油でにおいが抑えられます。
   つけ麺にみじん切りのたまねぎを
   加えると後味さっぱりのスープになります
   シャリシャリ感もよいです。

  
     
使用した商品   
         
                     
           
 
 



佃煮(だしの再利用法)    
  1、だしを漉した残りのだしがらから、
  出し昆布を取り出し細く切る。

2、なべに適量の醤油、みりん、砂糖を
  加えだしがらの水分がなくなるまで
  こがさないよう火にかける。

3、水分がなくなったら、炒りゴマを加え
  出来上がり。
 
     
使用した商品 
     
 
 



ちりめんの佃煮(だしの再利用法)    
  1、だしを漉した残りのだしがらから、
  出し昆布を取り出し細く切る。

2、なべに適量の醤油、みりん、砂糖
  ちりめんを加えだしがらの水分が
  なくなるまでこがさないよう火にかける。

3、水分がなくなったら、炒りゴマを加え
  出来上がり。
 
※ ちりめん・小女子の在庫あります。
   お問い合わせください。
     
使用した商品 
 
 
 



すき昆布の佃煮風ふりかけ(だしの再利用法)    
  1、だしを漉した残りのだしがらから、
  出し昆布を取り出し細く切る。

2、なべに適量の醤油、みりん、砂糖
  すき昆布を加えだしがらの水分が
  なくなるまでこがさないよう火にかける。

3、水分がなくなったら、炒りゴマを加え
  出来上がり。
 
     
使用した商品 
   
 
 



たっぷりかつおのモロヘイヤ梅肉あえ    
  1、モロヘイヤ、みょうがに
  たっぷりの鰹けづりをのせできあがり。

2、だしはレンジでできる簡単だしとり法で
  鰹昆布だしを使いました。

  耐熱のボウルにだし昆布、鰹けづり
  水を入れてラップをふんわりかけ、
  電子レンジ(600w)で3分加熱。
  漉して即席だしのできあがり!
     
使用した商品 
 
 
 



 
親子丼風ゴーヤ炒め    
  1、ゴーヤ、肉を炒める。

2、だしはレンジでできる簡単だしとり法で
  鰹昆布だしを作ります。

3、溶き卵を全体にかけ全体に火が通った
  ところで、たっぷり鰹けづりをかけ
  出来上がり。ご飯にのせるとゴーヤ丼。

  耐熱のボウルにだし昆布、鰹けづり
  水を入れてラップをふんわりかけ、
  電子レンジ(600w)で3分加熱。
  漉して即席だしのできあがり!
     
使用した商品