画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9

          
     
献立のお役にたてるかなぁ? 海産物を使ったレシピ 出汁のとり方 かえしの作り方・活用方  ブログランキング・にほんブログ村へ
 

〜食の四方山話〜


[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
しょうが 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/02(Fri) 07:38 No.1835

しょうがの根は生薬としてカゼの初期症状や
胃腸機能の向上などに効果があり
中国では紀元前の時代から既に利用されていました。
今でも、葛湯に生姜を加えて摂取することで
身体が温まり、免疫力を高めることができ
カゼが治りやすくなることから
民間療法としてよく用いられています。
なお、しょうがの表面の皮を剥き
蒸した後、乾燥させたものは乾姜を呼ばれ
生の状態のしょうがよりも強い強壮作用や
健胃作用のほか興奮を抑える作用があります。

チロシン 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/01(Thu) 06:55 No.1834

たけのこの栄養で注目されている成分に
チロシンという成分があります。
このチロシンはアミノ酸の一種で
脳内で分泌されるホルモンである
ドーパミンやノルアドレナリンの材料になります。
ドーパミンが分泌されると非常に
ポジティブな気持ちに変化し
落ち込んでいた気持ちが改善されます。
またノルアドレナリンが分泌されると
集中力が高まる事がわかっています。
つまりチロシンを摂取することで
精神的な状態を改善することが出来ます。
実際にチロシンはうつ病患者の治療にも使われており
気持ちを改善することに効果があると考えられます。

たけのこ 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/05/31(Wed) 03:51 No.1833

タケノコに含まれるチロシンは
必須アミノ酸ではないものの
神経の伝達に関わる物質をつくったり
代謝をコントロールする甲状腺ホルモンの原料になる
大切な物質で、健康な心と体には、欠かすことができません。
タケノコを栄養面から見た場合
ビタミンB2やカルシウムを含んでいますが
その量はいずれも取りたてて多いわけではありません。
そんな中で、特筆すべきは食物繊維の多い点で
量的にはゴボウや大根などの根菜に次ぐ高レベルです。
食物繊維は、それ自体腸内で消化吸収されず
便の量を増やして便通を良くする働きがあり
腸内の老廃物や発ガン物質、動脈硬化の原因になる
コレステロールなどの有害物質を吸着し
体外へ排出させることで
広く生活習慣病の予防に効果を発揮します。
また、タケノコにはミネラルのカリウムが多く
こちらは体の過剰な塩分を尿と一緒に
出してくれますので、高血圧の予防にも有効です。

野菜 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/05/30(Tue) 06:52 No.1832

野菜は、旬の時期に一番栄養価が高く
不思議とその時期に身体に必要な栄養素が詰まっています。
ハウス栽培であれば、夏野菜は夏だけではなく
冬にも収穫できます。
ですが、旬のものの方が栄養価は高いんです。
何より美味しいし値段が安いのも魅力ですよね。
夏野菜には、水分やカリウムを
豊富に含んでいるものが多く
身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれます。
トマトやキュウリなど生で食べられるものも多いので
夏に不足しがちな栄養素を簡単に
補給できるのが夏野菜の長所です。
逆に、冬には身体を温めてくれる成分を多く含む野菜が豊富。
気候や季節により身体に必要な栄養素があります。
旬のものを旬の時期に食べることで
旬の野菜がその時身体に必要な栄養素を教えてくれるのです。

ふき 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/05/29(Mon) 06:54 No.1830

ふきの独特の苦味には
喉の炎症を鎮める効果や胃の調子を
整える作用があるといわれており
香りには食欲を増進させる効果があるとされています。
中国でも、古くからふきは民間療法で
痰を切り咳を止める薬用として認められています。
漢方では、咳止め、痰切り、毒消しなど
フキの薬効が昔から認められており
食中毒予防の効果が期待できます。

じゃがいも 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/05/28(Sun) 08:27 No.1829

じゃがいもは、16世紀になって
スペイン人が、南米からヨーロッパに持ち帰り
世界に広まりました。
日本に伝来したのは
慶長年間のことで
オランダの商戦がジャワのジャガタラから長崎に伝えました。
ジャガイモの名前も
地名のジャガタラに由来するものです。
じゃがいもが本格的に栽培されるようになったのは
明治から大正にかけてです。
男爵とメイクイーンのふたつが有名ですが
男爵は明治末にアメリカから
メイクイーンは大正初めに
イギリスからそれぞれ北海道に渡ってきました。

大根 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/05/27(Sat) 07:31 No.1828

水分を多く含む大根は
なんと根の部分は95%が水分でできています。
水分量が多い野菜は
干すと野菜本来の旨みがギュッと凝縮され
それに伴い栄養価も飛躍的に高くなるのですが
大根の場合はその栄養価アップ率がスゴイのです!
生の大根と切り干し大根を比べると・・・
カリウムは14倍
カルシウムは23倍
食物繊維は16倍
鉄分は驚きの49倍です。
大根サラダより、切り干し大根の料理のほうが
何倍も栄養価があるということですね。

うどん 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/05/26(Fri) 07:08 No.1827

うどんは、糖質の代謝を助けエネルギーを
つくり出し疲労回復に役立つビタミンB1や
細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や
成長に役立つビタミンB2、また、皮ふや粘膜の
健康維持をサポートしたり
脳神経を正常に働かせるのに役立つナイアシンや
ビタミンB6、動脈硬化を予防しストレスをやわらげる働きのある
パントテン酸そして、貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや
新しい赤血球をつくり出すために欠かせない
ビタミンである葉酸を含みます。
さらに、抗酸化ビタミンであるビタミンEを含みますので
活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の
老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。
また、骨や歯を構成するのに必要なミネラルである
カルシウムやリン、マグネシウムなどを含みます。
カリウムも多く含まれますので疲労回復や利尿作用
高血圧の予防に役立ちます。
うどんは、良質なタンパク質や
食物繊維も含む優れた栄養のある食べ物です。

わらび 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/05/25(Thu) 06:59 No.1826

わらびは、コバノイシカグマ科ワラビ属の多年草シダ植物です。
春から初夏のまだ葉の開いていない
若芽を山菜として食用にします。
毒性があるので生のままでは食用にできません。
わらびに木灰または重曹をふりかけ
ワラビが浸る量の熱湯をそそぎ落し蓋をし
一晩そのままにし、翌日流水に浸し
しっかりあく抜きをする必要があります。
また、発癌性のあるプタキロサイドを
含みますがアク抜き処理をすれば
プタキロサイドはほとんど分解され
ジェノンという物質になり、副食として
食べている程度ならば害はないといわれています。

海苔 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/05/24(Wed) 07:14 No.1825

海苔一枚の30〜40%は良質なたんぱく質を含み
大豆に匹敵するくらいのたんぱく食品といえます。
カルシウムやマグネシウム、亜鉛、ヨウ素など
有効な微量元素を多く含んでいるので
海苔を食べることで体内の
ミネラルバランスを調整する働きもしてくれます。
また、ビタミンも豊富でビタミンA、B1、B2、Cなど
12種類ものビタミン群をバランスよく含んでいます。
さらに食物繊維や鉄分、EPAも多く含んでいる
手軽な健康食品として注目されています。

処理 記事No 暗証キー
074312

- Joyful Note -