画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9

          
     
献立のお役にたてるかなぁ? 海産物を使ったレシピ 出汁のとり方 かえしの作り方・活用方  ブログランキング・にほんブログ村へ
 

〜食の四方山話〜


[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
わかめ 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/24(Sat) 09:05 No.1857

ワカメは、コンブ目チガイソ科ワカメ属の一年生の海藻。
冬から夏にかけて低潮線より
深い岩の上に生育し
全長は約40cm〜2mになります。
成熟すると茎にめかぶと呼ばれるひだ状の胞子葉をつける。
波の荒いところのワカメほど美味とされる。
乾燥ワカメが一年中出回るが、生のワカメは春が旬。
ワカメには、カリウム、ヨウ素、食物繊維が豊富に含まれます。
カリウムは体内の余分なナトリウムを
尿とともに排泄してくれるので
高血圧の予防改善に効果があり
特にヨウ素の含有量は全食品中トップクラスで
生のワカメ100gあたり1600g含まれます。
ヨウ素は子供の発育を促進したり
基礎代謝を高める作用、高血圧、動脈効果の予防効果があります。
ただし過剰に摂り過ぎると甲状腺腫
甲状腺機能不全、甲状腺中毒症などを引き起こすので注意も必要です。

たまねぎ 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/23(Fri) 06:53 No.1856

玉ねぎの効能は1923年にカナダで
実験により糖尿病に対する効果が明らかになりました。
その後日本でも、玉ねぎに含まれている
有用成分を糖尿病患者に投与して、その効果を確認済みです。
玉ねぎの効能により
実に患者さんの80%に血糖値の降下が
確認できたという報告もあります。
なぜ、血糖値を下げる玉ねぎの効果があるのでしょうか。
玉ねぎを包丁で切ると、目にしみて涙が出てきますが
それはイソアリインという辛味成分によるものなのです。
このイソアリインが玉ねぎの効能の正体で
血糖値を下げるインスリンを働きやすくしてくれるわけです。

昆布 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/22(Thu) 07:06 No.1855

昆布は、寒海の岩礁に着生する
コンブ科コンブ属藻類の総称。
日本では縄文時代から食されていたと言われています。
主な食用昆布として、真昆布、鬼昆布、羅臼昆布
利尻昆布、三石昆布、日高昆布、長昆布などがあります。
昆布には、ヨウ素、カリウム、食物繊維が豊富に含まれます。
昆布に含まれるラミニンという
アミノ酸は血圧を下げる働きがあり
また豊富なカリウムは体内の余分なナトリウムを
尿とともに排泄してくれるので
高血圧の予防改善に効果があります。
特にヨウ素の含有量は全食品中トップクラスで
真昆布、素干し100gあたり240000μgも含まれます。
ヨウ素は子供の発育を促進したり
基礎代謝を高める作用、高血圧、動脈効果の予防効果があります。
ただし過剰に摂り過ぎると甲状腺腫
甲状腺機能不全、甲状腺中毒症などを
引き起こすので注意も必要です。

ベーコン 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/21(Wed) 07:22 No.1854

古くは古代ローマ時代に
豚肉を塩漬けにしたものが
あったと言われていますが
これが十四世紀頃になってベーコンと
呼ばれるようになったと推測されています。
また、イギリス征服をノルマン人が行った時期に
その製法が普及していったのでは
ないかと考えられています。
現在、長方形に成形した豚ばら肉を
塩漬け後に燻煙したものがベーコンと言われています。
材料には脂肪を添加することもありますが
風味は燻煙に利用するウッドチップによって違ってきます。

姫竹 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/20(Tue) 07:04 No.1853

姫竹や根曲がり竹と呼ばれているものは
いずれも同じチシマザサの若竹の事です。
信越から東北にかけては根曲がり竹と呼ばれることが多く
山陰地方などでは姫竹又は姫筍などと呼ばれています。
その他、山形県の月山周辺でよく採れる事から
この地方では月山竹又は月山筍と呼ばれています。
古くから各地で山菜として親しまれてきました。
信越や東北は雪が多く
チシマザサの若芽が地上に芽を出し始めは
雪の重みで根元が曲がっているものが多いことから
根曲がり竹と呼ばれるようになったと言われています。

なす 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/19(Mon) 07:00 No.1852

原産はインドで、日本へは奈良時代に
中国を経由して渡ってきました。
正倉院文書の中にも出てくる
由緒ある野菜です。
種類も豊富で、主なものだけでも
中なす、小なす、丸なす、米なす、長なす
卵型なす、水なすなどがあります。
中なすはもっとも一般的なもので
炒めても、煮てもおいしくいただける万能野菜です。

たまご 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/18(Sun) 08:54 No.1851

タマゴは元来、病気を招いた際や
滋養強壮目的で食されていたものであり
鶏卵として記録され出したのは
江戸時代以降と言われています。
また、広く一般にタマゴが普及し出したのは
配合飼料を与えたり品種改良が行われるようになってからで
昭和の中ごろからとされます。
卵の種類では白、青、赤、薄赤、鶉卵、烏骨鶏卵
栄養強化卵などがあります。
白玉は白色レグホンのもので、広く普及している品種です。
青玉は白色羽毛の鶏とアローカナと言われる野鳥の
交雑によって生まれた種類の卵で、殻は青っぽくなっています。
赤玉は茶色っぽい羽毛を持つ鶏の卵で
ボリスブラウンといったものが該当します。
殻は茶色っぽくなっています。
薄赤玉は茶色と白色タイプの鶏の交雑種で
殻は薄茶色になっています。
別名ではピンク卵とも呼ばれています。

アスパラ 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/17(Sat) 08:58 No.1850

春になると特に食べたくなるアスパラガス。
その独特の苦みやえぐみは
さわやかなグリーンの彩りとともに
目にも舌にも美味しくて食卓に欠かせない食材です。
このアスパラガスが身体に良い食材であることは
けっこう有名なお話です。
アスパラギン酸という成分についても
美や健康に敏感な方々ならばきっと耳にしたことがあるはず。
でも、アスパラガスに秘められたパワーは
それだけじゃないんです!
免疫力アップや疲労回復、さらには肝機能改善などなど
若い女性から壮年の方々にまで
広い世代にありがたい効能がいっぱいなんです。

きゅうり 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/16(Fri) 07:14 No.1849

むかし、きゅうりは夏の味覚と決まっていましたが
ハウス物が出回るようになり
1年中食べられるようになり季節感がなくなりました。
サラダ、漬け物、酢の物にと
手軽に使える便利な野菜です。
これといった栄養価はありませんが
さっぱりした味わいとパリパリした歯ごたえが命です。
そのためにも鮮度のいいものを選び
生で味わいたい野菜です。

昆布 投稿者:コタッピー 投稿日:2017/06/15(Thu) 06:58 No.1848

昆布は喜ぶに通じる縁起物なのは
よく知られています。
これは単なる語呂合わせではなく
栄養学的に見ても身体のために大変良い食材なのです。
現代の食生活では肉や加工食品を多く摂るようになって
身体が酸性に傾きがちです。
健康体である弱アルカリ性に保つためには
アルカリ性食品の中でもトップクラスの
昆布を食べるのが一番!
昆布は理想の健康食品と言っても過言ではありません。

処理 記事No 暗証キー
046669

- Joyful Note -