ビスケットの日
2017.02.28
       
全国ビスケット協会が
1980年に制定し、翌年から実施。
1855年2月28日
パンの製法を学ぶ為に長崎に留学していた
水戸藩の柴田方庵が、同藩の萩信之助に
パン・ビスケットの製法を書いた
パン・ビスコイト製法書を送った。
これが、ビスケットの製法を記した
日本初の文書とされている。
また、ビスケットの語原がラテン語で
二度焼かれた物という意味の
ビス・コクトゥスであることから
に(2)どや(8)くの語呂合せの意味も持たせている。
こんにゃく
2017.02.27
        
こんにゃくの栄養やカロリーは
ほとんどありませんが
体に良い事もあります。
こんにゃくの主成分である
グルコマンナンの働きが注目されています。
グルコマンナンは水溶性の食物繊維で
水を含むと大きく膨れる性質を持ちます。
食前に水といっしょに取ると
胃が膨張し、満腹感をもたらします。
そのため、食べすぎを未然に防ぎ
カロリーの過剰摂取を抑える事が出来るのです。
また、大きく膨れたグルコマンナンは
便のかさをふやし腸壁を刺激します。
大腸のぜん動運動が活発になり
便秘が解消され、体の内側から
きれいに痩せる事が可能なそうです。
2.26事件の日
2017.02.26
       
1936年2月26日。
2.26事件が発生した。
陸軍の皇道派の青年将校が
対立していた統制派の打倒と国家改造を目指し
約1500名の部隊を率いて首相官邸等を襲撃した。
内大臣、大蔵大臣等が殺害され
永田町一帯が占拠された。
当初、陸軍の首脳部は青年将校たちの
行動を容認する態度をとっていたが
海軍が鎮圧を要求し
天皇も同様の立場をとったので
29日に鎮圧を開始した。
飛行機から「下士官兵ニ告グのビラを撒いて帰順を勧め
今からでも決して遅くはないから
直ちに抵抗をやめて軍旗の下に復帰する様にせよ
との投降を呼びかけるラジオ放送を行った。
形勢が不利になったと判断した将校たちは兵を原隊に帰し
2名が自決、残りの者が自首して、その日のうちに鎮定された。
まぐろ
2017.02.25
         
マグロは、部位によって
含まれる栄養分が異なります。
最大の種類であるクロマグロで
体長3m以上になるというマグロの場合
同じ1尾でも背中の赤身と腹側のトロでは
栄養的にはまったくの別物です。
赤身はタイよりも脂が少なく高タンパクなのに対し
トロは赤身の20倍近くも脂を含む
ウナギ並みの高脂肪食品です。
ただし、その脂肪は良質の不飽和脂肪酸の
EPAやDHAが多く含まれているので
健康に悪いどころか
ぜひ積極的に取るようにしたいものです。
たとえばトロの脂に豊富なEPAは
血中のコレステロールを抑えて血液の流れを良くし
血栓をできにくくして
怖い動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を防ぎ
脂質異常症などの生活習慣病予防の
働きがあることが良く知られています。
また、赤身にはタンパク質やセレン
血合いの部分には、タウリンや鉄が豊富です。
セレンには、抗酸化作用やがんの
抑制効果があるとの報告もあります。
タウリンは、肝機能を高めて二日酔いを防いだり
高血圧を改善してくれます。
クロスカントリーの日
2017.02.24
         
1977年2月24日
原野、森林等にコースを設定して
走る競技、クロスカントリーの
統一ルールによる初めての
大会がイギリスで開催された。
冬のスキー競技の中でも
最も持久力を必要と
されるクロスカントリー。
もともとその土地柄から
北ヨーロッパのスカンジナビアを
主に中心として発達した競技です。
たまご
2017.02.23
         
たまごには、たんぱく質やカルシウム
鉄分など、ビタミンCを除く
ほぼ全部の栄養素が含まれています。
また、人の体内で作ることができない
8種類の必須アミノ酸を
バランス良く含んでいる
すばらしい食品です。
特に、たまごのたんぱく質は非常に良質で
たんぱく質の栄養価を表す基準では
最も優れた食品とされています。
ちなみに、たんぱく質を漢字で書くと
蛋白質で、この蛋という字は
中国語でたまごを意味します。
猫の日
2017.02.22
        
英文学者の柳瀬尚紀氏らによる
猫の日制定委員会が1987年に制定。
ペットフード工業会が主催。
ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)の語呂合せ。
全国の愛猫家からの公募でこの日に決まった。
猫の日は世界各国で制定されており
ロシアは3月1日、アメリカ合衆国は
10月29日だそうです。
動物愛護団体・国際動物福祉基金が決めた
International Cat Dayは8月8日。
ヨーロッパの多くの国が
World Cat Dayとしてる日は2月17日です。
食糧管理法公布記念日
2017.02.21
        
大東亜戦争の最中の1942年2月21日に
東條内閣によって制定された。
内容は、食糧の生産・流通・消費にわたって
政府が介入して管理するというものであり
目的は食糧の需給と価格の安定でした。
基は、戦時下における国内外の米の流通不全を
原因とした食糧、特に米の偏在を解消し
国民が平等に入手できることを
目的にした制度であったが
そのような状況が1950年代には解消した後も
1994年まで続いた。
戦中戦後の食糧不足の時代には
必要性が高い法令であったが
豊食の時代となり、洋食や麺等の多様化が進み
米余りになる程に生産されるようになった1970年頃から
政府米の収支が逆ザヤとなる問題や
自主流通米以外のいわゆるヤミ米問題が発生。
また日本国外から、自由貿易による米市場開放問題などが要求された。
1995に廃止され、主要食糧の需給及び
価格の安定に関する法律、食糧法に引き継がれた。
たらこ
2017.02.20
          
たらこは、スケソウダラという魚の
卵巣を塩漬けにしたものをいいます。
元々は鱈の子でしたが
鱈子と書くとたらことそのまま読めます。
実はいつ頃からたらこと呼ばれるように
なったのかはハッキリしていません。
中には、たらこという呼び方は
福岡の方言だという説もあるんです。
そして、明太子もたらこのことを言います。
韓国語で鱈のことを明太と呼ぶので
明太の子→明太子という意味になります。
もともと韓国の明太子は唐辛子で漬けられています。
そのため今では、たらこを唐辛子で
味付けしたものを明太子と呼ぶようになったと言われています。
さきいか
2017.02.19
          
さきいかは、生のスルメイカの
胴体を軽くゆでて調味したあと乾燥し
あぶり焼きしてひき伸ばし
細く裂いてさらに調味した食品。
ビタミンやミネラルなどの栄養をバランス良く含み
そのままで酒のつまみにしたり
和え物、サラダ、天ぷらなど様々な料理に利用されます。
さきいかは、糖質の代謝を助けエネルギーを
つくり出し疲労回復に役立つビタミンB1や
細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の
機能維持や成長に役立つビタミンB2
また、皮ふや粘膜の健康維持をサポートしたり
脳神経を正常に働かせるのに役立つナイアシンやビタミンB6
動脈硬化を予防しストレスをやわらげる働きのある
パントテン酸そして、貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや
新しい赤血球をつくり出すために欠かせない
ビタミンである葉酸やビタミンB12を含みます。
さらに、抗酸化ビタミンであるビタミンEを含みますので
活性酸素の発生や酸化力を抑え
動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。
また、骨や歯を構成するのに必要な
ミネラルであるカルシウムやリン、マグネシウムなどを含みます。
カリウムも多く含まれますので疲労回復や
利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。

- CafeNote -