とうもろこし
2016.09.30
         
とうもろこしって
野菜なイメージがありますよね。
ですが実はイネ科の食物で
穀物に属するんです。
アメリカが原産で紀元前300年ごろに
栽培が始まっていたようで
とても歴史があります。
現在でも南米では主食として
とうもろこしを食べています。
世界中にとうもろこしが広まるのは
コロンブスがアメリカ大陸を発見した15世紀。
コロンブスによってヨーロッパへ行き
そこから世界中に広められたんですね。
日本では安土桃山時代には伝わっていたようですが
普及したのは明治時代からだそうです。
まずは北海道の開拓史が栽培を始めて
それから本州に広まっていきました。
とうもろこしが頻繁に食卓に上がることって
少ないかもしれませんが
とうもろこしの加工品や原料などは
知らないだけで普段からたくさん目にしているかと思います。
たとえばコーンフレークなどのシリアル
お料理にコーンスターチなどです。
また油やお酒、お茶、漢方などの原料だったり
動物の資料やバイオプラスチックとしても利用されてるんです。
招き猫の日
2016.09.29
      
「くるふく」来る福の語呂合せ。
招き猫は福を招くといわれているところから
来る福の語呂合わせで9月29日を
招き猫の日としたのは
招き猫の愛好家の団体、日本招き猫協会。
日本ならではの縁起物として知られる
招き猫は右手を上げていると金運を招き
左手を上げていると客を招くなどといわれ
広く庶民に愛されてきた。
我々人間のために日々
福を招き続けてくれている
招き猫達に感謝する日として
伊勢のおかげ横丁の招き猫まつり等
全国各地で記念行事が開催される。
世界狂犬病デー
2016.09.28
        
2006年に世界の研究者のグループが
Global Alliance for Rabies Control を結成し
その活動の一環として
世界狂犬病デーの取組みを始めました。
世界狂犬病デーの目的は
ヒト及び動物における狂犬病の影響や
その予防法などについて人々に知ってもらうことです。
2007年以降、世界の135ヵ国において
イベントなどが開催され
狂犬病の教育活動や犬への狂犬病予防注射の
取り組みが実施されています。
9月28日は狂犬病ワクチンを
開発したパスツールの命日です。
そもそも狂犬病とは、狂犬病ウイルスによる感染症です。
人は、感染動物、主として犬に噛まれることによって
唾液からウイルスに感染し
長い潜伏期の後に発症します。
発症してしまうと有効な治療法はなく、ほぼ100%死亡します。
現在日本での狂犬病の発生は認められていませんが
アジア、アフリカを中心に世界では
年間5万人以上の死亡者が発生しています。
いんげん
2016.09.27
         
いんげんはアメリカ原産の
マメ科の野菜で
日本には江戸時代に入ったころに
中国から伝わってきたとされています。
収穫までの期間が短い、すじがすくない
平ざやいんげんは一回種まきをすると
1年に3度ほど収穫できることから
関西の方ではさんどまめとも呼ばれています。
いんげんには品種が数多くあり
一般的に見かけるどじょうのような形をした
どじょういんげんはケンタッキーワンダー
尺五寸と呼ばれつるがある代表的な品種で夏に多く出回ります。
食感も柔らかく独特の風味があるのが特徴です。
サーベルいんげんのポーターはごく細い丸さやのいんげんで
筋が少ないので調理の下ごしらえが楽で主婦にはうれしい品種。
長さも13から15センチで出荷されます。
今は筋なし品種が市場の9割以上ほどになっているそうです。
つるがある、ないのもあり
収穫の時期が短くなることもあります。
家庭菜園など挑戦したい場合は品種の特徴と
つるあり、なしをしっかり見極めて育てる必要があります。
台風襲来の日
2016.09.26
         
今日9月26日は、台風襲来の日。
統計上、台風襲来の回数が多い日だそうです。
確かに日本を襲った歴史的台風が多いです。

・洞爺丸台風(1954年)
 青函連絡船洞爺丸が転覆する事故が起きた。
 死者・行方不明者1761名。住家の全・半壊・流出、 207542戸。

・狩野川台風(1958年)
 伊豆・関東地方に来襲。
 死者・行方不明者1269名。住家の全・半壊・流出、16743戸。

・伊勢湾台風(1959年)
 東海地方に上陸。
 死者・行方不明者5098名。住家の全・半壊・流出、153890戸。

最近は台風よりもゲリラ豪雨で
被害を受けることが多いですね。
10年に1度の、100年に1度の災害に備える……という
防災について考えてみるのもいいかもしれません。
今年は例年にもまして台風が多いですね。
藤ノ木古墳記念日
2016.09.25
         
1985年9月25日
奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳の
石室等が発堀された。
藤ノ木古墳は直径約48m
高さ約9mの円墳で
古墳時代後期の6世紀後半に
作られたものと考えられている。
1985年に第1次調査
1988年6月に国内の発掘調査史上初めて
ファイバースコープを使った石棺の内部調査が行われ
その年の10月8日に1400年ぶりに石棺の蓋が開かれた。
未盗掘で埋葬当時の姿がほぼそのまま残っており
当時の埋葬儀礼を解明する上で貴重な資料を提供した。
モロヘイヤ
2016.09.24
           
モロヘイヤとは、エジプトやアラビア半島などで
古くから食べられている、緑黄色野菜の一種です。
モロヘイヤの語源はアラビア語の
ムルキーヤだと言われ
これは王様の食べる野菜という意味だそうです。
かつて重病を患ったエジプトの王様が
モロヘイヤの葉を刻んで作ったスープを
飲むとたちどころに病気が治ったという言い伝えから
王様の野菜と呼ばれるようになったとも言われています。
モロヘイヤの栄養価の高さがうかがえるお話ですね。
このモロヘイヤを使ったスープは
伝統的な家庭料理として知られ
エジプトの各家庭ではこのスープを作る専用の
包丁マハラタが常備されているそうです。
日本に入ってきたのは1980年代頃で
その栄養価の高さに注目が集まり
広く知られるようになりました。
高温、乾燥地帯でも育ち、虫にも強いことから
家庭菜園でも人気があります。
青菜類の旬は冬が多いですが
モロヘイヤの旬は7月から9月の夏場です。
この旬の時期が最も栄養価が高く、味もいいそうですよ。
かぼちゃ
2016.09.23
        
かぼちゃは、栄養成分を
豊富に含む緑黄色野菜として
広く知られているポピュラーな野菜です。
かぼちゃの種類を大きく分けると
表面がデコボコしている日本かぼちゃと
ツルっとした西洋かぼちゃの二種類です。
日本かぼちゃはメキシコが原産で
安土桃山時代にポルトガル人によって
カンボジアから伝わったため
カボチャと呼ばれるようになったと言われています。
西洋かぼちゃは南米ペルーあたりが原産と言われています。
一般にくりかぼちゃといわれ
強い甘味とほくほくした肉質が人気です。
かぼちゃというと、大体こちらの西洋南瓜を指します。
糖質の比較しても、日本かぼちゃより
倍以上も甘味が強く
緑黄色野菜に含まれるカロチンも多いですが
カロリーも高いのが特徴です。
カーフリーデー
2016.09.22
         
1997年9月9日フランスの
ラ・ロシェルで車のない日という
都市政策の一環としての
啓発イベントとして始まり
翌年からはフランス環境省の呼びかけで
全国的に行われ、このときから毎年9月22日となった。
2000年にはカーフリーデーとして
欧州委員会の支援プロジェクトとなり
ヨーロッパ中に広がった。
2002年からは9月16日から22日を
モビリティウィークとして規模を拡張している。
2007年からは2000都市が参加する
同じ目的で、同じ期間に実施する
世界レベルのイベントとなっている。
カーフリーデーは一日一定エリア内への
マイカーの通行規制を行い
市民が車のない都市環境を体験することで
街での車の使い方、交通行動を考える機会にしようというもの。
モビリティウィークは、都市交通や地球環境問題への
啓発活動であるとともに新しい交通施策の
展開の機会とすることも目的となった交通週間である。
なお、カーフリーデーを中心イベントとするものの
今では必ずしも9月22日に実施する必要はなく
9月16日から22日までのうちのどれかでも可能。
ただし、1日だけの取り組みを行う自治体は
カーフリーデーの実施は9月22日開催が推奨されている。
コンソメスープ
2016.09.21
         
コンソメスープのカロリーは
どのくらいなのでしょう?
あまりカロリーが高いイメージは
ないかもしれませんが
そもそもコンソメスープは
どのようにして作るか知っていますか?
本格的なコンソメスープは
肉や野菜をハーブなどのスパイスとともに
数時間から数日煮込んで作ります。
具材は出汁を取るためのものなので
最後には全て取り除き
残ったスープのみを食べます。
具材の入っていないスープは
旨味たっぷりで低カロリーだと
言えるのではないでしょうか。
本格的なものと比較して
家庭ではもっと手軽にコンソメの素などを
使って作るのが一般的かもしれません。
キューブのものは1つ12キロカロリーで
約2人分のスープが作れるようです。
つまり、具材次第でスープの総カロリーは変化しますが
コンソメの素そのもののカロリーは低いと言えそうです。

- CafeNote -