2015年も・・・終わり
2015.12.31
            

いつも大変お世話になっております。
早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
皆様方におかれましては
ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
来年も少しでもサービスの向上を図るよう、
誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、
心よりお願い申し上げます。

尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

〔年末年始休業期間〕 12月31日 ~ 1月3日

時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。
来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。
大晦日
2015.12.31
                 
泣いても、笑っても
2015年は今日で終わり。
あなたにとってどんな一年だったでしょうか!
私ですか・・・。
年とともに、体のあちこちが悲鳴をあげてきた一年でした。
一年の最後の日を大晦日、または大晦と言いますが
晦日とは毎月の末日のことです。
一方、晦とは、月が隠れる日、月隠が訛ったもので
どちらも毎月の末日をいいます。
1年の最後の特別な末日を表すため
末日を表す2つの言葉のそれぞれ大を付けて
大晦日、大晦と呼ばれるようになったようです。
大晦日には行事が古くから行われていたようです。
大晦日は歳神様を祀るための準備が行われる日でしたが
仏教の浸透とともに、除夜の鐘をつく習慣が生まれました。
大晦日の風物詩である年越し蕎麦は江戸時代頃から
食べられるようになりました。
金箔職人が飛び散った金箔を集めるのに蕎麦粉を使ったことから
年越し蕎麦を残すと翌年金運に恵まれないと言われています。
また、江戸時代の町人は大晦日になると
借金の返済に追われていました。
これは、年内に借金を返済し
新しい気持ちで新年を迎えたいという人が多かったからのようです。
また、大晦日の夜ふけに
全国のお寺で鳴らされる108つの鐘、除夜の鐘。
108とは仏教思想に基づく百八煩悩を意味し
煩悩とは心を惑わし、身を悩ませるものを言い
鐘をつくことでこれらの煩悩を1つ1つ取り除いて
清らかな心で正月を迎えようということのようです。
また、108回のうち最後の1回は年が明けてから突きます。
これは、今年1年煩悩に惑わされないように
という意味が込められているそうです。
最後は元旦に突くんですね、知らなかった。
今夜、確かめて来よう!
良い年をお迎えください。
年越し蕎麦
2015.12.30
              
年越し蕎麦は、大晦日に縁起を担いで
食べる蕎麦で、日本の文化であり風習です。
麺なら何でも良いと思っていましたが
そうでもなさそうなんですね。
江戸時代中期、商家に月の末日に蕎麦を食べる
三十日蕎麦という習慣があり
これが転じて大晦日だけに行われる
年越し蕎麦になったと考えられていようです。
当時の江戸では江戸患いが流行していて
そばを食べている人は脚気にならない
という巷説が江戸での蕎麦の流行を後押ししたそうです。
年越し蕎麦に関する伝承としては
年を越してから食べることは縁起がよくないとするものや
蕎麦を残すと新年は金運に恵まれず
小遣い銭にも事欠くことになるといったものがあるそうです。
但し、これは年越し蕎麦の由来の一例で
このほかに、
・蕎麦は細く長いことから延命、長寿を願ったものであるとする説。
・金銀細工師が金箔を延ばす為にそば粉を用いたとする説。
・金銀細工師が金粉銀粉を集める為にそば粉の団子を
 使用したことから金を集める縁起物であるとする説。
・鎌倉時代の謝国明による承天寺の世直しそばに由来するという説。
・そばは風雨に叩かれてもその後の晴天で
 日光を浴びると元気になる事から健康の縁起を担ぐ説。
・蕎麦が五臓の毒を取ると信じられていたことに由来するとの説。
・蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労や借金を
 切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという説。
・家族の縁が長く続くようにとの意味であるとの説。
どれも信憑性があり、わからないですよね。
でも、どれも縁起が良いことなので
是非、大晦日には蕎麦を食べましょう!
年の瀬
2015.12.29
              
年の瀬も押し迫り・・・なんて言葉が
テレビやなんかで使われる季節になりましたね。
年の瀬ってどんな意味なんでしょう?
ふと疑問に思いました。
年の瀬には、年末や年の暮れという意味があります。
実際に年の瀬が近づくのように
使用したことがある方も多いと思いますが
ではどうして年末が近づくや
年の暮れが近付くではなく
年の瀬と言うのでしょうか。
実は、年の瀬の瀬には、

川の浅い箇所、流れの速い場所という意味があります。

船で通る際に急流や激流が行く手を阻む困難な場所を
指しているのですが
この様子を
支払いがたまって困っている状態や
支払いをすると食事や暖をすることができなくなる
ことになぞらえているのが、語源と言われています。
つまりは、単純に一年の末や暮れが近付いているというよりは
鬼気迫った状況を洗わす言葉が年の瀬なようです。
日本語って、奥が深いですね。

あわただしい、年の瀬ですが
元気に新しい年を迎えましょう!
パスタ
2015.12.28
               
スパゲッティやマカロニに代表されるパスタは
南イタリア料理を代表する重要な食材の一つで
料理全体をへルシーなものにする大きな要素となっています。
パスタは小麦粉を水でペ-スト状に
練った生地から作った食物全体のことです。
パスタには乾燥パスタと生パスタがありますが
南イタリアでは主に乾燥パスタを用いています。
それは南イタリアで古くから乾燥パスタが発達したことと
保存食として優れていだためでした。
パスタは小麦粉そのものなので
栄養素の面では糖質が大部分を占めますが
同じ糖質食品であるご飯やパンなどと比べると
いくつかの長所があることがわかっています。
パスタを特徴づけているのは
古くから南イタリアで栽培されているデュラム小麦という硬質小麦で
パスタ製造の原科となるのはこれを粗く挽いたセモリナ粉です。
一般的に粒が堅い硬質小麦は
軟質小麦よりタンパク質を多く含んだ強力粉に加工されます。
小麦粉を練った時には、小麦に含まれるグルテンという
タンパク質によって、特有の弾力と粘りが出てきます。
同じ穀類でも米やトウモロコシなどには
グルテンが含まれないため、このような加工はできません。
小麦の中でもデユラム小麦は
グルテンの量が多いために腰のあるパスタができるのです。
南イタリアではセモリナ粉でパスタを作ることが
法律で義務づけられているそうです。
パスタはこれを水で練って、圧力機で圧縮し
細い出口から射出成形させる製法で作られています。
それを自然乾燥させれば乾燥パスタの出来上がりです。

 ● ナポリタン

 ・ たまねぎ、ウィンナー、しめじ、海老
   あさり、カットトマト、ケチャップでソースを作る。

 ・ だし昆布を加え、パスタを茹でる。

 ・ ソースに煮汁を加え、パスタを加え絡め
   青粉をちらし、出来上がり。
納豆
2015.12.27
               
先日、昔懐かしいわらに包まれた納豆を見つけた。
その名もつと納豆。
宮城県登米市津山町の津山納豆。
無農薬の宮城県産大豆、タンレイを使かい
程よいかたさで歯ごたえもしっとりとした納豆。
粘りの糸引きは強く伸びもよく、混ぜれば混ぜるほど
ほんのり甘い香りが漂います。
パックに入った納豆との決定的違いは
鼻につんとくる納豆独特の匂いが感じられないこと。
でも納豆の特有の香りはしっかりしてるんですよ。
そして包装の藁も宮城産を使っているそうで
昔懐かしい味わいが楽しめました。
そもそも納豆は納豆菌によって大豆を発酵させた食品。
納豆菌は、枯草菌の一種で稲の藁に多く生息し
日本産の稲の藁1本に、ほぼ1000万個の
納豆菌が芽胞の状態で付着しているそうです。
伝統的な納豆の作り方は、蒸した大豆を稲の藁苞で包み
40度程度に保温し約1日ほど置いておく。
稲藁に付着している納豆菌が大豆に移行し
増殖することによって発酵が起こり、納豆ができあがります。
最近は、大量生産や、良質の藁を確保すること等が困難なこともあり
純粋培養した納豆菌を用いる製造がほとんどです。
蒸した大豆に純粋培養した納豆菌の分散液をかけ
これを発泡スチロール容器や紙パックに充填し適温で保温すると
納豆菌が増殖し発酵し、流通段階での発酵の進み具合も考え
適度な発酵になった状態で出荷するようです。
家庭でも納豆を作ることができるんです。
用意するものは、十分に蒸した大豆と納豆菌。
なければ納豆を代用します。
納豆菌が生育する適度な温度(40度前後)、適度な湿度
適度な時間(1日~2日)、そして十分な酸素。
条件が」そろわないと納豆にならず煮豆のままです。
適度な湿度がないと乾燥大豆になってしまいます。
また時間オーバーだと腐敗同然のアンモニア臭に立ち込めます。
以上を気をつけ、自家製納豆を作ってみてはいかがですか?
海苔
2015.12.26
                               
自然の恵み、海の緑黄色野菜、海苔。
海苔はその重量の約40%が良質のたんぱく質。
たんぱく質は、旨みの正体のアミノ酸が集まってできています。
食物繊維も重量の約35%を占め
人の身体に欠かせないミネラルやビタミン群も豊富に含まれています。
焼海苔約1帖には、みかん1個に含まれる
1.5倍の量のビタミンCが含まれています。
ビタミンCには、メラニンの生成を抑えてシミを防ぐ効果と
できてしまったシミを薄くするダブルの美白効果があります。
ビタミンCは、このダブル美白効果が認められている
数少ない成分といわれています。
また、たばこを吸う方は、ニコチンが
ビタミンCを破壊してしまうため、毎日たっぷり補給したいものです。
一般に、ビタミンCは熱に弱いため調理すると
栄養素が破壊されてしまいますが
海苔に含まれているビタミンCは熱に強く
焼いても栄養素が壊れないのが特徴です。
また、海苔の約3分の1は食物繊維です。
ほうれん草の約2倍近くも含まれています。
食物繊維といえば、女性の宿敵便秘に効果的です。
このほか、血中コレステロール値を低下させ
発がん物質などを体外に排出する働きもあるため
動脈硬化症や糖尿病、大腸ガンなどの成人病予防にもいいと言われています。
食物繊維は野菜に多く含まれますが
海苔の食物繊維は野菜に含まれる食物繊維と違い柔軟で
胃壁や腸壁を傷つけることなく穏やかな整腸作用を行ないます。
またこの種の食物繊維は細菌による腸内での
ビタミン合成にも役立っているともいわれています。
さらに、腸内の有害なアミンや有害金属の除去にも有効です。
まだまだ海苔の効能がありますが、
毎日一枚、海苔を食べると健康によいですよ。
うに
2015.12.25
                   
昔から日本では、ウニを保存用として
塩で加工されたものが
日本の三大珍味に数えられています。
これは生食のウニではなく
あくまで塩雲丹と呼ばれる加工されたウニです。
但し、塩雲丹は越前の雲丹で
越前国で生産加工された塩雲丹のことで
生食のウニや他産地での加工ウニではないのです。
現在の日本では、刺身や寿司ネタ、ウニ丼など、生食することが多いです。
このため、鮮度が重要視され
生きているものの殻を割ってその場で食べると特に美味です。
市販されるものは、死んでから時間が経っているため
生臭さがあったり、保存や型くずれ防止のために
ミョウバンやアルコールが添加されるので
食味、風味が劣ることが多いです。
でも殻ウニは割ってみるまで品質の善し悪しがわからないため
寿司屋を始めとする飲食店では品質の一定している
ミョウバン処理された箱ウニを使う場合がほとんどです。
最近は食味の劣化を防ぐために塩水でパックされたウニも出まわっているようです。
旬は春から秋にかけてで、特に初夏は最も品質がよく
それ以外のシーズンは冷凍品が出回ります。
でも画像のうには・・・採れたてですよ。
気仙沼湾で取れたうにで作ったうに丼と
エゾバフンウニで作ったうにパスタ。
どちらもとても甘く、苦味は一切ありません!
とても美味しい生ウニですが、栄養もしっかりあるんです。
主な栄養素として、ビタミンA、ビタミンE、アミノ酸などが豊富に含まれています。
ウニのオレンジ色の色素は、ビタミンAの働きをするそうで
皮膚、粘膜、目の健康に役立つ栄養素です。
ビタミンEは抗酸化作用で有名で体の中の活性酸素を抑えてくれるので
動脈硬化などの予防にも良いそうです。
女性にとっても嬉しいのは、血管の酸化を防いで血行を良くしてくれる働き
そして、お肌もキレイにしてくれるそうです。
アミノ酸は心臓の働きを強めたり、高血圧や貧血の予防
肝機能障害の回復、などに効果があるそうです。
クリスマス・イブ
2015.12.24
               
クリスマス・イヴは、クリスマスの前夜のこと。
12月24日の夜を指す英語の音訳でだそうです。
ユダヤ暦やそれを継承する教会暦では
日没をもって日付の変り目とすので
このような暦を採用する教会では
クリスマス・イヴの日没から
クリスマスと考えるのでクリスマス・イヴは
クリスマスになるそうです。
一方カトリックの教会暦では
原則として午前0時に典礼上の日付も変わります。
しかしクリスマスをはじめとする重要な祭日や主日の典礼は
前日の晩の祈りから始まるのでこの時点から
日付がかわるまでが前夜とされているそうです。
そのため24日の晩には前夜のためのミサがあり
日本などでは夜半ミサを前にずらして24日夜に行うことがほとんどで
前夜ミサが行われることはほとんどないとのこと。
またプロテスタント一部教派でも
25日に日付が変わったときをもってクリスマスの開始とするようです。
正教会では24日夜に翌日の聖体礼儀を準備する晩祷が行われます。
ただし、ユリウス暦を現在も使用する教会では
クリスマス・イヴは1月6日の晩に祝われるので
その地域ではクリスマスも1月7日になるようです。
クリスマスイブはクリスマスの前夜ということですね。
日本では恋人と過ごす日と言う認識が
家族と過ごす日とされる欧米諸国よりも多く
宗教的なものではなく
ただのイベントとしての捉え方が一般的。
祝日ではない上に年末なので企業によっては
仕事が増えることもあり
クリスマスやクリスマス・イヴにどうするかという決まりや風習はないようです。
さて、我が家は・・・普段通りの夜を過ごしています。
ホタテ
2015.12.23
                  
ホタテの旬は産卵後の貝柱が成長する夏と
産卵前で精巣や卵巣が太る冬から春にかけて。
これからおいしい時期になってきますね。
ホタテはタンパク質が非常に多く
脂質が少ないのが特徴です。
あっさりとした割にコクがあるのは貝類に多いコハク酸や
グルタミン酸というアミノ酸のせいなのです。
特にコハク酸はアサリの10倍も含まれています。
タンパク質が豊富なホタテには機能的なアミノ酸が多く
代表的なもので、まず特筆すべきタウリン。
このタウリンは魚介類に豊富に含まれていますが
その中でもホタテはトップクラスの量です。
成人男性が1日に必要とする量は中ぐらいのホタテ1個で十分にまかなえます。
タウリンは過剰に摂取しても余った分は排出され
副作用の心配もありません。
タウリンは人間の網膜や脳、筋肉、心臓などの臓器に多く含まれ
摂取することで幅広い効用があります。
タウリンの効用としては眼精疲労の回復や視力低下防止
そして心筋の収縮力を高め、不整脈などの予防にも効果的です。
また、高血圧の改善、肝臓機能の強化、血中コレステロールの低減
気管支喘息の改善、糖尿病の予防にも役立ちます。
これだけ効用があればタウリンが
よくドリンク剤に入っているのもうなずけます。
タウリンは加熱に強いですが水溶性なので
ホタテの煮汁は残さないようにしましょう。
またホタテにはグリシンやアスパラギン酸というアミノ酸も豊富です。
グリシンは筋肉を強化し、肌のハリや潤いを保ってくれます。
体内の組織同士をつなぐコラーゲンの3割は
このグリシンでできているからです。
アスパラギン酸は体内の不用物を排出し
慢性疲労や不眠症を改善してくれます。
中華料理のダシなどに使われる干し貝柱はアミノ酸が濃縮され
旨味だけでなく栄養的にも優れた食材なのです。

 ● カブとほたての煮物

 ・ だし昆布でだしをとる。

 ・ だしに酒、カブ、にんじん、油揚げ
   磯焼ほたて、しいたけを加え、煮る。

 ・ うま造り、カブの葉を加え、出来上がり。

- CafeNote -