空飛ぶ籠!
2015.10.30
先日、ドライブに出かけてきました。
気仙沼から1時間少々。
気仙沼は岩手県と接しており
車で数分走れば岩手県。
そんなわけで、岩手までドライブ。
どちらにしようか、迷いに迷い、猊鼻渓に!
そうそう、距離的にも同じような場所に
これまた同じような観光名所があるんです。
猊鼻渓と厳美渓。
漢字が違うでしょう!と突っ込まれそうですが、
ひらがなで書くと・・・
猊鼻渓=げいびけい
厳美渓=げんびけい
でしょう、似てるでしょう。
違いは、「い」と「ん」だけの違い。
私もどちらがどちらか・・・迷うときがあります。

厳美渓はこの時期、超混んでると思い、猊鼻渓に。
ちなみに厳美渓には舟くだりがあり
船頭さんが竹竿一本で舟を操り
川の両側の見所をおもしろおかしく説明してくれ
最後には民謡を歌ってくれるんです。
猊鼻渓は・・・というとここにも不思議なものがあるんです。

             

川の景色は厳美渓にも負けないくらいの美しさ。
その景観に木をたたく音が「コンコン・・・」と響き渡る。
と同時に、ワイヤーを滑空する籠。
空飛ぶ籠にたくさんの観光客の視線が集まります。
そして、アイドルかと間違えるほどのフラッシュの光。
籠の中身が知りたいでしょう!
この籠の中には団子が入っているんです。
対岸の郭公だんごを対岸の方が注文し
団子が空を飛び、お客さんの手元に届く。

             

午前中で売り切れる人気の団子屋さん。
運がよく、団子屋さんが開いていたので、お店の中で食べることにしました。
本当は空飛ぶ団子を食べたかったのですが、長蛇の列。
それで、お店で、風景を見ながら、ワイヤーの音、木の「コンコン」を
BGMに紅葉を楽しんできました。
岩手に行ったときにはお勧めですよ!
中尊寺から車で数十分で着きますので。
トラックバックURL
トラックバック一覧
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeNote -